SATOYAMA BASKET - MISIA × 生物多様性 -


イベント・ニュース案内

2018年国際生物多様性の日に向けたMISIAメッセージ

 

5月22日は国連が定める「国際生物多様性の日」。

 

生物多様性とは何かを知り、考え、行動する日、

また、そのことを呼びかける日です。

 

私たちが暮らしている地球は、46億年をかけて作られてきたそうです。

 

46億年の中で、人間だけではなく、動物、植物、微生物など、あらゆる命が、

さまざまにつながり合い、時に支え合い、生きてきました。

 

また、そのバランスも、まさに長い時間をかけて形成され、保たれて来ました。

 

しかし、たったここ200年で、そのバランスは大きく変わってきています。

 

絶滅の危機に瀕している動植物も多くいることは、ご存知かと思います。

その絶滅するスピードも、この200年で早くなっていることも。

 

46億年かけて作られた地球を復元するには、同じく46億年という歳月が必要なのではないでしょうか?

しかし、その年月の長さは人間にはあまりにも果てしない時間です。

 

難しく思えるかもしれませんが、森に行ってみてください。

海に行ってみてください。木々を見上げてみてください。

花を見つめてみてください。鳥の歌声に耳をすませてみてください。

 

一本の木に、どれくらい多くの生き物が暮らしていると思いますか?

そのことを知るだけでも、「木を一本切ることは、生き物たちの高層マンションを一つ壊すことと同じことなのだ」と気づくかもしれません。

 

ぜひ、この日をスタートに生物多様性について知っていただけたらと思います。

 

 

MISIA

English 日本語 感じる 学ぶ 識る 読む 繋がる すべて見る