SATOYAMA BASKET - MISIA × 生物多様性 -


MISIAの森プロジェクト

[PRESS RELEASE]MISIAの森オープニング記念「鳥の巣箱デザインコンテスト」を開催

一般財団法人mudef(代表理事:谷川寛人)は、2011年5月22日に石川県でスタートした「MISIAの森」プロジェクトのオープニングを記念して、鳥の巣箱デザインコンテストを開催します。

2010年は国際生物多様性年であり、10月には愛知県名古屋市で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されました。国連事務総長によりCOP10名誉大使に任命されたアーティストのMISIAは、2010年国内外を視察する中で森の持つ豊かさと生物多様性の重要性を継続的に発信する大切さを実感するに至りました。そこで趣旨に賛同していただいた石川県で「MISIAの森」を設置し、森から生物多様性の大切さについてメッセージを発信したいと考えています。

MISIAの森は、森づくりのほか、アーティストによる生物多様性や自然の恵みへの感謝の気持ちを込めた作品の制作・展示も行われます。2011年度のテーマは「巣箱」。既に賛同した複数のアーティストによってカスタマイズされた巣箱が制作、設置されています。

mudefでは、MISIAの森のオープニングを記念して本コンテストを開催します。6月13日から7月15日までの約1カ月間、国内外問わず広く皆さんから「森に置きたい」巣箱デザインを募集、すぐれた作品に対し賞を送るほか、森に設置。実際に巣箱として利用します。アート作品を通じて自然に親しんでいただければと考えています。

     

写真作品はプロのアーティストによる巣箱作品。写真左よりMASSA氏、浜崎健氏、玉井健司氏、宜本伸之氏制作

 

【コンテスト概要】

※詳細はmudefウェブサイト内に掲載


 


本件に関する問い合わせ先

一般財団法人mudef
「MISIAの森 鳥の巣箱デザインコンテスト」事務局(担当:長島)
℡:03-5414-7778
e-mail: forest@mudef.net 
URL: http://www.satoyamabasket.net/forest/ 

プレスリリースPDFはこちら

募集要項はこちら

English 日本語 感じる 学ぶ 識る 読む 繋がる すべて見る