SATOYAMA BASKET - MISIA × 生物多様性 -


MISIAの森プロジェクト

MISIAの森で冬遊び:津幡町小学生による第4回生きもの観察

1月28日、MISIAの森がある津幡町の英田(あがた)小学校の子どもたちが、再びMISIAの森を訪れました。

雪に埋もれたMISIAの森で子どもたちは何を見たでしょう?

子どもたちのレポートを紹介します。

 

ぼくは、英田小学校ポケットクラブです。よろしくお願いします。

私たちの学校は、MISIAの森プロジェクトに参加しています。

MISIAの森とは森林公園にある森です。私たちは、この森へ春・夏・秋・冬と出かけて観察しました。

(写真右)春、4月26日には、全校で遠足に行きました。

 

夏、7月30日にMISIAの森を歩きました。

秋のオータムウォーキング 10月10日、秋の様子をいっぱい観察しました。

 

そして冬がやってきました。雪が毎日のように降りました。

MISIAの森はすっぽり雪にくるまれていました。

他の季節と全然違います。

 

私たちは、雪道を歩いて進みました。

虫はいません。

木や草は雪におおわれて真っ白になっていました。

 

あたりはしーんとしています。

ときどき雪が落ちる音が「がさっ」とするだけです。

 

雪・雪・雪

雪はどの木にももれなくくっついて本当に綺麗でした。

でも、木は寒くないのかなあ、かれないのかなあ、生き物たちはだいじょうぶかなあ、と心配になりました

 

一緒についてきてくてださった 森林公園の所長さんが、生き物のいる証拠を教えてくださいました。

それは、あしあとです。

雪の中をぴょんぴょん跳んではねた証拠を発見しました。

うさぎのあしあとです。

私は、生き物は元気だなあと思いました。

 

僕たちも元気を出して歩きました。汗が出てきました。

雪道を歩くと体がほかほかしてくるのです。

記念撮影を撮りました。

ずっと向こうまで見える道しるべの場所です。

 

まるでスキー場のてっぺんにいるようでした。

雪がきらきら光って、とても綺麗でした。

 

ここは夏にセミがうるさいほどに鳴き、脱皮したからがたくさんあった場所。

もちろん、今はその姿も泣き声もありません。

セミは今は幼虫の姿で、地面の中に眠っているのでしょうか。

 

くたびれたので一休み。

雪の地面にころがりました。

ふかふかして気持ちがいいのです。

 

みんなでころがりました。

なんだかとってもたのしい気分でした。

 

お昼寝気分の友達もいました。

 

雪遊びをしながらどんどん歩きました。

MISIAさんが植えたコナラの木や、加藤清司郎くんの巣箱のあるナラの木台にちがづいてきました。

 

MISIAさんが植えたナラの木はいったいどうなっているのでしょう。

 

春に町長さんと植えたコナラの苗木は、また背が伸びたのでしょうか。

 

ありました。ありました。

ちゃんと苗木はありました。

でも葉を落とし、雪の帽子をかぶり、埋もれそうになっていました。

 

思わず「大丈夫ですか」と声をかけたくなるほどです。

頑張れ、コナラ君!

春になったらまたくるよ。と心で思いました。

 

加茂池橋に到着しました。

春の花やいっぱい咲いていた様子とはぜんぜん違います。

 

冬の加茂池も最高でした。みんなで橋から加茂池を眺めたり、雪玉を落としたり大はしゃぎしました。

すると、したの池の方からバサバサッという音が聞こえました。

なんの音だと思いますか。

 

それは、加茂池のカモが飛び立った羽音だったのです。

よく見ると、池のあちらこちらに何羽もカモが泳いでいました。

加茂池はカモがいっぱいくるからその名前が付いたのだと思います。

ぼくたちはカモをおどろかしてしまったみたいです。

ごめんなさい(>_<)

 

みなさん、これは何だと思いますか?

 

答えは、カモの歩いたあとです。

雪で凍りかかった池をカモたちが歩き、そこが一筆書きのようになっているのです。

 

所長さんが、「カモは暖かくなると寒い場所を求めて、シベリアの方へ渡っていくんだよ」と教えてくれました。

カモは寒いところが好きなのです。

私はつよい生き物だなあと思いました。

 

(写真右)

寒さに強いのは、カモだけではありません。

雪をはらうと、濃い緑の元気な葉っぱが出てきました。

寒さの中でも枯れないで生き続ける植物はいっぱいあるのです。

 

ぼくたちも負けていません。

雪遊びをすることにしました。

 

まずは雪だるま。

ちいさな雪玉を転がすとどんどん大きくなっていきます。

おしてもうごかないくらいです。教頭先生も助けてくれました。

 

かわいいゆきだるまや

ヤンキータイプのゆきだるまの完成です。

 

ハート形やミニも作りました。

とっても楽しくてまだまだいたかったのですが、そろそろ帰ることになりました。

最後にまた写真をとりました。

僕たちは、一年間MISIAの森を観察しました。

春・夏・秋・冬、四季の様子はそれぞれ全く違いました。

出会える生き物たちも季節によって違うことが分かりました。

 

もうすぐ春。

花が咲くのが楽しみです。

これからもMISIAの森をしっかり観察したいです。

 

 

子どもたちの報告資料(PDF)はダウンロード可能です。ダウンロードはコチラから

English 日本語 感じる 学ぶ 識る 読む 繋がる すべて見る